img_02

ミラドライの注意点について

最近わきがの治療法として注目されているのがミラドライと呼ばれるわきが治療法です。
ミラドライ治療のメリットとしてはセフを切開しなても良い。



ことが挙げられます。

メスによって皮膚を切開してしまうとどうしても傷跡が残ったりしがちですし、メスを使った治療法では完治するまでにクリニックに通ってその後の経過を観察したり、メスで切った部分が可能していないかまたは合併症を引き起こしていないかなどをくわしく観察するためにクリニックに通わざるを得ません、しかしその点ミラドライを使った治療だとメスを使いませんので傷跡が残ったり、合併症を引き起こす可能性もありません。



また、施術にかかる時間ですが、じゅうらいのメスによる切開方法だと時間もかかってしまいがちでした。



しかし、ミラドライを使った治療では片わき20分から30分程度、両脇でも合計して1時間近くで済みます。



一方ミラドライによる治療方法にはこれといった注意点はありませんが、あえてちゅういてんを挙げるとするならば、皮膚の切開はありませんが、マイクロウエーブという熱エネルギーによって汗腺を破壊するため、治療には局所麻酔を用います。

そのため、過去に麻酔によりショック症状を起こした方は要注意です。



施術中の痛みはありませんが、治療後は数週間程度、ヒリヒリした感じや腫れある場合がありますので脇の下を冷却材となるようなもので冷やしたり、抗炎症剤の服用などで症状を緩和させます。

http://oita-dm-team.com/oita-dm/
http://congress.jsco.or.jp/jsco2014/
http://www.zjk.or.jp/index.html